エキテンみしま接骨院

無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月31日 (火)

入院する事に・・・

決心いたしました (;´д`)

精密機器なので梱包は、ギューギューにしっかりと詰め物を入れて

集荷のお兄さんに託しました。

現物を診察して頂いた上で最終決断になります。(ひよっとしたら修理不可?かも)

 

しばらくは、次の作品作り用に材料の準備や布カットです。

 hairsalon hairsalon hairsalon hairsalon hairsalon

2017年1月29日 (日)

外は雨

午前中に久々に水槽のお掃除をしました fish

2ペアのグッピーからいつの間にか稚魚がこれもまた2匹産まれていました。

 

ミシンが使えなくなった状態なので、修理に出すか買い替えかじっくりと (^-^; 検討中

そこで、疑問に思っていたことを調べてみることに。

電子ミシンとコンピューターミシンの違い!

電子ミシンVSコンピューターミシン。電子対コンピューター。

ほかの家電製品にこの表示ありました?

ミシンだけなぜ?

製品のカタログには電子・・コンピューター・・となっていてよく判らない。

メーカーのサイトでの説明は

◎電子ミシンとは・・・・針の動きや位置が電子制御 されている

◎コンピュータミシンとは・・・  〃  コンピューター制御 されている

ここの制御(指令?) アナログとデジタルの違い?

まだスッキリしない。

選ぶ場合、故障が少ない、価格も関係、デザイン、もちろん性能や音が静か等々を

基準にしますが、メーカーも気になるところです。

・・・と、たくさんの製品の中から選択する時ってホントなかなか決められないワタシ。

2017年1月27日 (金)

おねいさん 事件です!

ミシンの調子が悪くて縫えません。

初歩的なメンテにとりかかります。

両側のねじを
    コインではずします
下にセットしてある補助テーブルをはずし(両サイドのねじで止めてある)

中はわりときれい!""

せっかくだから
     専用ブラシで
さらに、中の釜を取り出してブラシで掃除、今回はほこりもゴミもほとんどなく

この側面のカバーを外して

元の位置にセットし、次はこの側面カバーを

素人はここまで

開けたら油をさし

カバーを元のようにセットし

糸を掛けて試し縫い。

あ~~~! 成果なし。

困ります。どうしたもんじゃろう bearingsweat01

ネットでたどり着いた修理専門店に、先ずは問い合わせです。

不具合の状況を画像と共にお知らせし、折り返し診断と概算見積を頂きました。

2店舗から親切丁寧な説明でした。

揺らぎます。修理して使い続けるか、新しいのを求めるか・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2017年1月25日 (水)

寒波 ひと休み?

寒い~~~~!

今朝の出勤時間帯には

陽が射して
ジャバジャバと雪の道路を走っています。

 

ラベンダーは寒さに
     強いはず?
陽が射していない所は少々凍みています。

でも、この程度でよかった。(豪雪地域のかたには申し訳ございません)

今回の寒波も私の町には大雪をもたらさなかった ┐(´д`)┌ヤレヤレ

鳥取県方面ではドカ雪で車の大渋滞も・・・。

今週末までまだまだ油断できませんね。

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2017年1月24日 (火)

ポーチのセット

布の組み合わせによって出来上がった表情が、これがまた醍醐味のいいところ。

若草いろの小花が
  いい雰囲気に

やさしいグリーン系で組み合わせてのお揃いセットです。

ポーチにはキルト綿が貼ってあって、手にした感触がとても柔らかくていい感じ。

プレゼント用に一式をラッピングしてもいいかも。

まだまだ各地は大雪警報も出ているようで、寒さが続いていますが

春に向けてのこれから入園&入学グッズに取り掛かる準備が必要になりそう。

 

 

2017年1月15日 (日)

おそろいポーチ

表布に接着芯を貼って、大きい方は
   キルト綿もはさんで

お澄ましネコの勢ぞろいのピンク系でポーチを2個。

見つめていると何とも癒されるネコちゃんたちです。下の部分は画像では

きれいなピンク色が出ていないのが残念。

小さい方は内ポケットとしてカード入れ2室と印鑑入れの立体ポケットあり。

化粧ポーチ、バッグインバッグ、通帳ケースや、保険証、診察券をまとめていれたり

母子手帳入れとしてなど、多用途でお使いいただけます。

 

今日は一日中雪模様で、

この冬初積雪!

ラベンダー大丈夫かなぁ

京都女子駅伝は雪が降る中、頑張っていましたが、当方では「雪のため本日は

行いません」との事でした。センター試験会場は何事もなく無事終わったみたいです。

 

2017年1月14日 (土)

ペンケースの作り方 ②

今朝は強風で目が覚めました。

雪は予想が外れて全く降っていませんでした。

 

昨日のつづき・・・(どこまででした?)

F1000071

底になる部分 上の画像の上と下を縫うところまででした。

F1000072_2
脇の開いている部分から表に返すとこの状態です。

両サイドを縫うために   

F1000073

F1000061
中表にひっくり返し、中心にDカンを付けたタブをはさみます。

 

F1000074

1㎝の縫い代で両サイドを縫い

 

F1000076

バイアステープで縫い代をくるみます。

 

F1000077
表に返した状態。このままでもペンケースとしての機能は備えていますが、平べったい

ケースよりも立体的なフォルムに仕上げたく

 

F1000078
中表に返して4隅にマチを付けます。きっちりと三角に摘まんで幅3cmで縫います。

 

F1000079
このように4隅をupwardright

 

F1000081
表に返して 角はこうなります。

F1000059

中では縫い代が形状を保つ役割をして

F1000058

完成です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

大きさを色々変えて挑戦してみてください。

2017年1月13日 (金)

ペンケースの作り方 ①

F1000080 

作り方はいろんな方法がありますが、今回は手縫いの部分が無く、ミシン縫いだけで

仕上げることができるやり方を順を追って進めたいと思います。

完成サイズ: 縦約 7㎝  横約 18㎝  高さ約 4㎝

材料:

  表布10X23     

  内布10X23

  接着芯10X23   各2枚

  タブ用4X14 2本分

  20cmファスナー、 Dカン2個、タグ

  バイアステープ12cm 2本

F1000055_3
ヒッコリーデニムの布で・・・

表布に厚接着芯を貼って

F1000061

タブ用に2本、Dカンを通しておきます。

 

F1000062
表布にファスナーの裏をのせ、仮止めして

F1000063_2
さらに内布を中表にのせて上7㎜のところを縫います。

F1000064このように重ねて

 

F1000065

途中まで縫ったら、スライダーを移動させて  

F1000066

きわの1~2㎜のところにステッチをかけます。

F1000067

 

F1000069
もう1枚の表布の表側にファスナーの端を乗せ、その上に内布を重ね

端から7㎜のところを縫います。

 

F1000070

同じようにステッチをかけ、表布と内布がファスナーを挟んだ状態で両方縫えました。

この時、飾りとしてタグとポイントのテープを縫っておきます。

F1000071

                             upwardright

表布同士、内布同士を中表に合わせ、底になる部分を1センチの縫い代で表布側と

内布側をそれぞれ縫っておきます。

 

今日のところはここまでに。

つづきは次回。

予報通り今夜から荒れ模様です。雪も多少は降るのかな。

2017年1月12日 (木)

ペンケース おすましネコ柄&ドット 

今週末に強い冬将軍到来予報 snow sweat01

この時期、寒波とセンター試験が重なって毎年話題になりますが

受験生には大きなトラブルが有りませんように・・・

 

それで、

小ぶりのペンケース
魂を込めて・・・

おすましネコさんのペンケースに守られながら頑張って欲しいと願いながら

作ってみました pencilpen

このペンケースの作り方工程は手縫いをする部分が無いし、短時間で出来上がるので

量産しといてもいいかも。

2017年1月 2日 (月)

お年始

新しい年が始まりました fujisun

今年もマイペースで過ごせていけたらと思っています。

そして、ブログ更新をもう少し増やせるよう・・・。

新年最初の一作目downwardright

ふっくらとして微香♪
入園準備にも
サシェと巾着袋。端切れのチョイス。これはプレゼント用に使う予定にしています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

リフレッシュ♪接骨院

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30